カラコンは他のコンタクトよりも危険性が高い製品になります。

そのため、安くて処方箋も無いからといって安全性の保証が無いサイトやお店で買うと目を傷つけたり、最悪の場合失明してしまうことにもなりかねません。

ただ、それを判断するのは難しくもあります。
自分の商品が危険ということをわざわざ教える販売業者はいないでしょう。

と、いうことで安全な店舗を見分けるための目安を提示するので参考にしてみてください。

まず第一に、

医療機器製造販売承認書、第一種医療機器製造販売業許可証、医療機器製造業許可証などの受けているかどうか?

難しそうな名前ですが、簡単に言えば国や公的な機関から安全な店(またはサイト)だと認められているかどうかです。仮に無くても優良な店は存在しますので、あれば安心くらいに考えておれば良いでしょう。

そして第二に、

安全性についての説明がきちんとあるか?
カラコンというとやはり怖いイメージがあります。そのためその説明努力を販売側がきちんとしているかどうかは意外と大事な指標です。それすら怠っている業者は少し危ないかもしれません。



オススメの業者は?

いくつかありますが、最初は
Fall in Eyez(R)
などで購入するのが安全です。

上記の条件を満たしているのに加えて、着色面が瞳につかないようなカラコンを販売しているのも安心です。

失明は珍しいにしても、質の低いカラコンを使用したことで視力が下がったりコンタクト自体付けられないような傷がついてしまったりすることは最近よく耳にします。

安いからといって安易に購入せず、よく調べて試用期間を守りながら使いましょう。